BTSジン、4か月ぶりの「EAT JIN」実施 SNSで話題の“前髪”の真相も

4月8日(水)、BTS(防弾少年団)・JINがV LIVEにて生配信を実施。自身のコンテンツ『EAT JIN』を配信した。

久しぶりの「EAT JIN」にファン歓喜

今回、昨年11月ぶりとなる『EAT JIN』を配信したJIN。Big Hit Entertainmentの作業室を舞台に、配信を通じファンとの交流を行った。

冒頭から「美男子、キム・ソクジン。その人物が舞い戻りました」と“らしさ”全開でトークを繰り広げるJIN。今回は新型コロナウイルスの影響か、久しぶりに会社で仕事をしたということで、夕飯を食べる際にせっかくならと配信を始めたとのこと。

今回のメニューはコプチャン(ホルモン)やチャドルパギ(薄く切った牛肉を焼いたもの)。JINはチャドルパギを食べるなり、「お腹が空いていたからすごくおいしいです!」とコメント。さらにトック(餅)を食べると、「(食べている自分の)顔が面白い。なんで他人が面白いと話すのかわかった。見た瞬間面白い」と述べた。

また、最近は食欲があまり沸かないとのことで、家では1日に「カップラーメン1個」程度しか食べないことを告白。そのため、身長179cmと公表しているJINが先日65kgまで増やしたものの、そこから2kg減量する結果となり、現在は増量のためご飯を食べている最中とのこと。ファンから「ソジュ(焼酎)は?」と聞かれると、飲酒放送はできないからとトックを口にして質問をかわした。

ここで、待ちわびていた“お米”が到着。「ここから本格的に食事を」とJINのテンションも高まった様子で、おかずをご飯とともに頬張ってみせ、「すごく良い」と満足気な様子を見せた。

前髪の真相に迫る

最近、前髪をバッサリ切ったJIN。以前Twitterにて自身で前髪を切る様子を投稿したこともあってか、ファンからは「キッチンばさみで切ったのか?」との質問が。

これを真っ向から否定し、「ヘアデザイナーが直接切ってくれた」と回答。さらに、「今の髪型は昔、自分で切った髪型に似ている。僕の実力はヘアデザイナー級の実力だ」と話した。

その後、ひたすら食べ続けるJIN。「僕はこういう食べ物(固い食べ物)が好きだからアゴが強くなるんだよ」と言うと、噛む度に顔の筋肉が動く様子を披露した。続いて、JINおなじみの「親父ギャグを話してほしい」というリクエストに返答。「親父ギャグに今、行き詰まっています」とまさかの実情が飛び出し、「新しいギャグが思いつかない」との悩みが吐露された。

また、同動画の前日に公開された『Run! BTS』に話は及ぶ。花屋を舞台にメンバーそれぞれ“花冠”や“花束”などを創作する本企画は、1年ほど前に撮影したとのこと。今回、メンバーも爆笑する突飛な花冠を作成したJIN。彼自身は「『Run! BTS』をバラエティー番組だと思っている」とのことで、撮影の背景を振り返り、当時を「幸せな時間でした」と話した。

そこから、しばらく無言で食べ進めるJIN。「こうして無言でも耐えられるようになったのは、時間が経過した証拠だ」と述べ、「数年前までは、カメラをつけたら何かしないといけない気がした」と明かした。ここで間もなく食べ終わるとの報告がなされ、「トックはあまり好きじゃない」と終盤にきてまさかの告白も。ニラを食べ続けるJINだったが、自身のその様子を見てか、「アルパカが草を食べているような気分」との言葉も飛び出した。また鼻が詰まっているのか、アイドルとは思えない「鼻水も食べた」との発言も。

最後に「392万人の(動画を観ている)方!」と呼びかけ、ここで動画自体は止まってしまったものの、進行を進め、見事400万人に達したことに喜びを表していた。